ブログトップ | ログイン

wedding 日記 

love040501.exblog.jp

出産記録

8月16日5時23分
元気な産声の男の子が産まれました。

8月15日午前5時15分 おしるしあり。
旦那様は、休みをとってくれて、二人で病院にいきいました。
午前10時 分娩準備室へ入院
4分から12分間隔の弱い陣痛が続いていました。
子宮口はまだ2センチ程度しか開いていないようです。
助産師さんの話だと、陣痛が弱いため、今は、散歩や本格的な陣痛が来たときのため
睡眠を十分取っておいたほうが良いとのこと。
午後は、院内を1時間半ほどゆっくり散歩。その後、1時間以上かけて、小さいけれど桧風呂につかり
ゆっくり食事をとりました。

すると、状態が急に進んできて、あれよあれよと、5分以内の間隔で、結構強い痛みがくるように
なりました。陣痛がきたら、呼吸でいきみを逃します。
ところが、日付が変わるころになると、数回に一回は、いきみが逃せないほど強い痛みがくるように
なってきました。
そして、LDR(分娩室)への移動
助産師さんが、「痛みのこない今のうちに!」といっていたのが、かすかに記憶にあります。

LDRに入ると、陣痛でいきみます。
わたしのイメージだと、LDRにはいったら、2.3回いきめば産まれると思っていたのですが、
それは間違いでした。
このあと、100回以上もいきむことになるとは思ってもいませんでした。
LDRには、分娩台(見た目はベット)、ソファー、トイレ、桧風呂などがあります。
この病院は、フリースタイル出産で、どのようなスタイルで出産してもOKです。
腰が砕けそうに痛かったわたしは、横向きでTRYしていたのですが、
2回に1回程度しか、強い陣痛がこなかったため、なかなか、いい感じにいきめません。
子宮口が全開になっても、赤ちゃんが下りてこず、結構苦戦していました。
陣痛を促進する効果のあるアロマをたいたり、アロママッサージをしてもらったり、強い陣痛を
誘うために、色々やってみましたが、なかなか効果がありません。
「もう一回お風呂はいってもいいよ」とも言われましたが、痛くてお風呂は、入れません。
そこで、助産師さんが、仰向けを提案してくれて、いきみました。
それでも、赤ちゃんの頭が大きいのか、わたしの産道が狭いのか、なかなか降りてこず、
破水をさせてもらって、それでもダメなら、促進剤を使うかどうかなんて話をしていたら、
急にお産が進み、最終的には、助産師さん4人がかり+旦那様+お医者様2人
の協力のお陰で、元気な男の子を出産することができました。

後産は何も覚えていないくらい、順調。
カンガルーケアで、さっきまで、おなかの中にいた赤ちゃんを、寝たままおなかの上に抱っこさせてもらいました。
おんなじ動き方をしているんだけど、見えなかったのが見えるなんて不思議。

2時間くらい、LDRで休ませてもらって、病棟に移りました。
1リットル近く、出血したので、フラフラ。。。早速、鉄剤を処方されちゃいました。

出産当日は、両家のじいじ、ばあばが早速来て、かわいいかわいい!と赤ちゃん見物。。。
母子同室なので、帰らない帰らない。。。24時間寝ていないわたしたち夫婦は、ヘトヘトになりました。

ここからは、育児のスタートです!
by maki_2004_happy | 2005-08-27 16:41 | 妊娠日記
<< 産後1日目 11日目 >>